2019年度「米国農産物ホール・オブ・フェーム」を受賞致しました

2019年度「米国農産物ホール・オブ・フェーム」を受賞致しました

株式会社どうきゆう(代表取締役社長 中西泰司)は2019年5月13日、米国農務省海外農務局および米国大使館より、「米国農産物ホール・オブ・フェーム」を受賞致しました。

この米国農産物ホール・オブ・フェームは米国農産物の日本における市場開拓活動に大きく貢献した企業や団体が選ばれ、殿堂入りの称号が与えられます。選出された企業や団体は、米国産食品・農産物貿易の歴史にその名が刻まれます。

株式会社どうきゆうはハワイ産レインボーパパイヤの輸入量が日本一であることと、オアフ島で運営している『とんかつ玉藤カパフル店』を含む日本のとんかつ玉藤で米国産の豚肉を大量に輸入していることが高く評価され、今回受賞の運びとなりました。

どうきゆうクレド